April 02, 2011

今私にできること

こんにちは。ご無沙汰しています。いつものことですが・・・。4月になりましたね。少しずつ暖かくなってきました。

昨日は、ちょうど1年前の4月1日に父と最後の会話をしたことを思い出し、寂しさがこみ上げる日でした。普段は何でもないけれど、ふとした時に寂しくなります。

今朝、パソコンを開いてみたら日本ヴォーグ社からメールが届いていました。先日、編み物の本を頼んだからかな・・・お支払いも済んでいるのにな・・・と思いながら開いて息をのみました。

"この度の大震災の被災地で、福島県在住の子育て支援ボランィア団体の当会会員さんよりSOSが入りました。 被災地では津波の被害で、通園・通学用のカバンがなく、子供たちが大変困っているとの事です。 皆様からの心のこもった手づくりのバッグで、子供たちが笑顔になって欲しい。会員・手芸愛好家の皆さん、ご協力お願いいたします。"

と。

今回の震災では多くの震災孤児といわれるこどもたちがいるようです。考えただけでも寒気がするとともに涙が溢れそうになります。私は大人になってから父を亡くしたけれど、こどもたちはまだまだ親元にいて育ってゆく時なのに・・・。

どんな思いをしているんだろう・・・
バッグがないことが心配なのかな?
ノートもないよね。鉛筆も。教科書も新しい教科書がもらえるはずなのに、それもきっと津波が持って行ってしまったね。

これまで、何か出来ないかと思いながら、様々なところで募金箱がおかれているのを横目で見つつ、お金が必要なことは十分良く分かるけれど、それが私にとってベストなのか・・・と思い悩んでいました。

~~銀行へ振り込んでください。よくテレビでも流れています。必要な事であると思いますが、それほど力になれない事実との間で、10円玉を入れる募金とは違う思いがあり悩んでいました。

でも、これなら出来そうです。こどもたちへのバッグ。

心をこめて縫おうと思います。今の私には、キルティングの生地を買いに行くことが少し負担なので、楽天市場で注文してみました。でも、ちいさなこどもたちや小学生がどのようなものを喜んで使ってくれるのか・・・全く見当がつきません。とりあえず喜んでくれといいなと思いながら買った生地、4種類。8枚のバッグが出来そうです。

今わたしにできること、そして被災された方との要請とあうもの。これかな・・・。

何も出来ないけれど、生地が届いたら丁寧に縫って送ってみようと思います。

詳細はこちら http://www.jhia.org/info/ です。

それでは皆さんも無理をせず素敵な週末をお過ごしください。

いつもありがとうございます。なんか・・・記事がうまく編集できません。

FROM EMI



eschnecke77 at 15:26│Comments(0)TrackBack(0)Daily Life 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字